三日目 少し勉強したかな?・・・自分なりに・・・



<〜講義編〜>

〜コンピュータ情報システム学科 & 放送と番組制作技術〜

午前の講義ではメールを送る実習をした。
メールを送ろうとしているとマイクを持った人が突然入ってきて、吉田君にインタビューしていた。 次の日、インタビューの内容が掲載されている新聞をもらってびっくりした。 この新聞は記念に持って帰った。





放送学科では、アメリカンフットボールを生中継する時に使っている車の中を見せてもらった。 機材がぎっしり積まれていて、人一人が通れるか通れないかのスペースしかなかった。 生中継をする時は、程よい緊張感があってミスも少なくなると言っていた。



〜工学技術学科 & 機械加工技術デモンストレーション〜






3次元CADを使った講義風景。

** こちらの講義の方は私が参加していないのでよくわかりません**
** ごめんなさい**


<〜フォーマルディナー編〜>



夕食はフォーマルディナーだったのでスーツを着て丸テーブルに2、3人ずつ別れて座った。 この日は、前日の夜、2年生が一つの部屋に集まって一生懸命考えた英語でのスピーチをする日だった。 周りを見回してみると、江目君となちょ(渡辺奈緒美)は緊張していているように見え、食事しているより早くスピーチを終わして安心したいのだろうなあ・・ と思った。

やはりメインはお肉だったけれど、胡椒と塩の味付けが甘く煮込んでいる様な焼きかたで、変わったように感じた。 これは、口飽きしないようにシェフの人が考えてくれたのかな?と思った。 食後にチョコレートケーキが出てきて一口食べたけれど、ものすごく甘かった。 どのぐらいかというと日本で売っている普通のチョコの2倍位といえるだろう。 いつもはコーヒーに砂糖を入れる私でもブラックでちょうどいいくらいだったのだから・・・。 後から聞いた話では、アメリカの人は、食事でとれなかった糖分を直接デザートからとろうとするからこんなに甘いのだそうだ。



TOPへ