10月1日(木)雨

朝、田村さんのTELで目が覚めるとAM 8:00。 朝食の集合時間では!!PUEBLO最終日にやってしまった。 寿子&千秋大寝坊。なんとか朝食をとり準備をし出発。

今日は、企業見学。本田君と佐藤君と私はボッツフォード先生の車で移動。 1社目は"Trane Company"という空調システムを造っている会社。 車内でボッツフォード先生の説明を聞いたのだが、TRANEとTRAINを聞き間違え、 すっかり汽車を作ってる会社だと勘違いしていた。 2社目は"Target Distribusion Center"という卸しセンターのような会社。

そして、PCCに戻って最後の昼食会。メイ学長や州会議員の方もいらしていた。 デンバーに到着してから今まで、ずっとビデオで撮影してくれていてそれを編集したビデオを 見せてもらった。そして一人一人ダビングしたビデオを頂いた。

昼食会も終わり贈り物の交換をし、一人一人メイ学長から贈り物を頂いた。自然に涙が出てきた。 そしてお別れのあいさつをしてる時、"Thank you."って言われて涙が止まらなくなった。 私こそ"Thank you."って100回言っても足りないくらい親切にしてもらった。 ミサさんが「アメリカ人はみんなこんなふうに親切なんだよ。」と、おしえてくれた。

日本を離れてコロラドにいる間、寂しくなったことも不安になったこともなかった。不満もなかった。 いつも笑っていることができた。楽しかった。
19年間、こんなに笑って過ごしたことはあっただろうか?
19年間、こんなに泣いたことはあっただろうか?
振り返るとこんなに充実していた4日間はなかった。

そしてお別れをし寺田先生の車で、寺田先生と開沼先生と本田君と4人で今までのことについて話しながら 再びデンバーのEMBASSY SUITES HOTELに。夕食は日本食を食べた。とてもひさしぶりである。 ホテルに戻ってバンガーナ先生からもらったプレゼントをあけてみると今度はオルゴール。 とてもうれしかった。今日はデンバー最後の夜だ。