10月2日(金)晴れ

今日でコロラドとはお別れ。各自朝食をとり車に乗り込み準備OK。 と、思えば本田君、水戸部君、吉川君グループがこない!! 電話して10分後に3人登場。電話で初めて起きたらしい。 まるで映画のホームアローン状態・・・。 でも飛行機が1時間遅れのため何とか間に合う。 いよいよ、寺田先生、田村さんともお別れ。 「また、いらっしゃい」って言われてまた泣きそうになった。 田村さんをまともに見ることはできなかった。 あとから「田村さんも涙ぐんでた」と聞いてなんかとてもうれしかった。

飛行機に乗って3時間。サンフランシスコに到着。 コロラドとは正反対で都会。家がびっしりたてられていた。

ツイン・ピークスに上ってサンフランシスコの街をみて、ゴールデンゲートブリッジを見たまでは よかったのだが昼食をとり買い物をしてると、なんかだんだん嫌になりコロラドへ戻りたいと思った。

日本人も多く、観光客で混雑していて商売性も強くいきなり現実を見たようだった。日本とかわりない。 コロラドと違って人もなんだか冷たいしなんかショックだった。コロラドで受けたアメリカに対する イメージとは違い悲しくなった。サンフランシスコなんか二度と来たくない、と思った。

でも今になって考えると、そこには同じように買い物をする自分がいた。 言ってる事とやってる事がバラバラだった。 今日は観光、と割り切って考えられなかったのは自分だし周りのせいにしてはいけないと反省した。 今回はあくまで国際交流のためで観光のためではない。 観光でサンフランシスコに行ったら楽しいと思う。 東京と山形が違うように、サンフランシスコとコロラドも違う。あたりまえのことなのにその時は そこまで考えられなかった。

ホテルにチェックインして夕食まで自由に買い物する時間があったのだが、私と千秋ちゃんは 怖くてすぐにホテルに戻った。男性グループは逮捕される現場を見たらしい。 せっかくコロラドで感動的な体験をしたのにサンフランシスコではみんなの気持ちが冷めていた ような気がした。

AM 3:30ごろから、みんなで今までのことについて話してると、サイレンが聞こえてきた。 また、パトカーか?と思って外を見ると前のホテルが火事じゃないですか?! 日本でもあまり見ないのに、ここまで来て火事をみるとは・・・。